秋元真夏と西野七瀬が横浜アリーナでまさかの・・・?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

秋元真夏と西野七瀬が横浜アリーナでまさかの・・・?



「秋元真夏 西野七瀬 横浜アリーナ」

このキーワードを見れば、乃木坂ファンであれば

何のことかわかりますよね。





そう、秋元真夏さんと西野七瀬さんの

「和解」です。





知らない方のために捕捉しますと、

もともと、二人は直接ケンカしていたわけでは

ありませんでしたが、あることをきっかけに

冷戦状態だったのです。





それは選抜をめぐってのことです。





秋元真夏さんは学業のために

乃木坂オーディションに合格するも

いきなりの休業となり、活動復帰のために準備を始めていていて、

スタジオ見学をしていた時に、選抜発表があり

いきなり八福神入りを果たしてしまったのです。





このことの何が問題かというと、

まず、全然今まで活動していなかった人が

いきなり八福神入りというのは、

どう考えても、それまで努力して活動してきたメンバーは

おもしろくないはずです。





実際に秋元真夏さん自身もそれを

気にかけていました。





そして、もう一つ決定的に問題となったのは、

秋元真夏さんが八福神入りをしたことで

西野七瀬さんんが八福神から外れてしまったことです。





この選抜発表の時が4thシングル「制服のマネキン」でしたが、

前作3thシングル「走れ!Bycycle」でやっと八福神入りを

果たした西野七瀬さんは一番のとばっちりを受けた形

なってしまったのです。





そして、その後しばらくの間二人は

口を利くこともなく、お互いがお互いを気にしだして

「このままではいけないな」と秋元真夏さんが関係修復を密かに

画策していたころに迎えた横浜アリーナでの

「2ND YEAR BIRTHDAY LIVE」で・・・









「制服のマネキン」の始まる前に「2012年夏から冬にかけての出来事を

振り返る」という内容で、西野七瀬さんのナレーションパートで、

西野七瀬さんが秋元真夏さん復帰時の心境を語り

「あの時は言えなかった言葉でこの曲を始めます。真夏、おかえり。一緒に頑張ろう」

というセリフを言い、それから「制服のマネキン」がスタートします。



37fb707be193aedb8c1e7b05ce8da7ee.jpg




それを聞いていた観客もドワーっと歓声で

盛り上がります。





西野七瀬さんは、このナレーションの内容を誰にも言っておらず、

このナレーションが流れた瞬間、秋元真夏さんが号泣して、

それを見た西野七瀬さんが秋元真夏さんに抱き着いたそうです。





話の流れを知っていると、

リアルなドラマですよね。

仲直りして、ホントーによかった(^^♪





ただ、ゲスの勘ぐりというか、

「この和解劇は運営サイドのやらせなのでは?」 という

意見があるようですが、それも違うかな~という

印象がします。




その後の西野七瀬さんと秋元真夏さんの

急接近を見ているとそう思えてきます。

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 乃木坂の向こう側へ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。